スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

理想は猿でも出来る曲物

物作りを続ける中、ずっと考えていることがありまして。
これは一つの課題でもある。
曲物を誰でも簡単に作る方法はないものだろうか。

曲物って、昔はこのあたりでは誰でも作ってました。内職として。
冬の間宿場町は旅人の往来も途絶え、沈黙します。
そんな中、ヒノキやサワラの良材があり、旅ゆく職人達から得た製作技術もある。
家内制手工業が浸透するのは必然。
秋田の曲げわっぱだって、もともとお侍さんの内職として広まった物ですし。

さて、じゃあ曲物は誰でも作れるの?というと、答えはYesでありNo。
「誰でも作れるけど、売り物になるような物は簡単に作れない」です。

その「簡単に作れない」部分を工夫して、クオリティーの高い曲物を誰でも簡単に作れるようにしたい。
治具の工夫でなんとかならないかなぁとずっと考えているわけで。

あぁもう茶髪のバイト君でも簡単にできるくらいにしたい。
「ちょりーっす 小倅さんー、俺がちょちょっとバイトの合間に曲げといたっすー。ちょー楽勝したー。」みたいに。

いや、これはこれで問題があるけど、例えとしてこれくらい簡単にできたらいいなぁと思います。
少しぐらい手間が増えても、時間がかかるような方法でもいい。
初めての方でもきちんと整った形状で、きれいに曲げることが出来る方法。
花野屋は工場の見学やメディアの取材が多いので、そんなときに誰でもきれいに曲げられるようなやり方があればこれは便利。

なんとなくゴールのイメージは見えてるんですが、さて、どう具現化していくか。。。
悩ましい。
スポンサーサイト
[ 2013/03/01 ] 曲物 | TB(0) | CM(2)

愛と青春の寅さん。

先日幕張の中学校の皆さんが花野屋の見学に来まして。
11名の方々(男子2名、女子8名、先生1名)に曲物の製作体験をしていただいたんですが。
生徒は中学2年で14歳。先生は外国の方で30代かな。
いやー、そのジェネレーションギャップに暫し苦しみました。
事の発端は、引率の先生が端正な顔立ちをしていたので、それをネタに場を和まそうと思って言った僕の一言。

僕:「ねぇ、先生ってリチャードギアに似てない?」

生徒A「リチャードギアって何ですか?」

僕:「!!リチャードギア知らんのかっ。プリティーウーマンとか見たことない?」

生徒B「見たことないです。」

僕:「えーと、じゃああれだ。オランジーナのCMに出てる寅さんの格好した人。あれだ。」

生徒A「寅さんってなんですか?」

僕:「うわお。」

結局映画の「HACHI 約束の犬」に出てる人だよ、といったら生徒Cが「あー、あの人ね」みたいなリアクションをくれたんで、もうその話題はやめたんですが。
いやいやびくーりした。
先生はホントに似てたんですよ。若めのリチャード・ギアに。愛と青春の旅立ちあたりの。

よく考えると生徒はぎりぎり20世紀生まれ。
知らない間におっさんになってるなぁ。と思ってしまった。

皆さんには白木でコーヒーカップを作って持ち帰ってもらいました。
耐水性なのでそのまま使える特製です。

picture

喜んでもらえたみたいで良かった。

しかし僕が少しだけあのハリウッド俳優を嫌いになったことは推して知るべし。

左は完成品。右は製作用のキット。

[ 2012/10/13 ] 曲物 | TB(0) | CM(0)

デコ弁

今回からFBの花野屋本店ページにもこのブログの内容が貼り付けられるような設定にしました。
どちらからでもご覧頂けます。

色々考えたんですが、やっぱり曲物ネタはFB、私的な趣味や日常の出来事はこっちで書くことにしました。
花野屋のFBページに「いいね」をしてくれた人には、プッシュ型に情報が配信されるので、まぁそのほうがいいかと。

さて蒔絵シールってご存じですか?
携帯のデコとかでも割と有名なんですが、これが結構強力でして。
和風の物も多く、おもしろいからちょっと弁当に貼ってみる?ということに。

本物の蒔絵を施すと目ん玉飛び出るほどかかるんですが、これならお手頃。
で、早速合わせメンパに。
風神・雷神。


picture

こっちは少しわかりづらいけど、天板が龍です。丸めんぱの小に貼ってみた。

picture

金魚。結構かわいい仕上がり。五寸丸二段の下段と同じサイズ。
中はスリ漆仕上げ。


picture

こっちも同じサイズだけど、スワロフスキーをちりばめたゴスロリチックなデザイン。

picture

まずはディスプレイ用にと、全部本塗りの曲物に貼ってみました。。。
花野屋本店で見ることができます。

最初すごく抵抗があって、もったいないって思ってたんですが。
いや、結構いいかも。外人うけしそうだし。
シールの強度はまだ検証中ですが、やさしく水洗いする程度であれば問題なさそうです。
将来的には、お弁当箱をお買い上げいただいた方で、ご希望の方にその場で貼ってあげられるようにできればいいなぁと。

個人的に風神・雷神が一番はまった。
こってこてで古くさくて逆に新鮮。
こんなので弁当食べてたら二度見されそう。

ゲゲゲの鬼太郎に出てくる目玉の親父のシールもあるんですが。
花野椀に貼ってみようかな。


合わせメンパ 黒内朱 風神・雷神モデル
丸めんぱ 小 溜内朱 昇竜モデル
五寸丸 赤内スリ 金魚モデル

五寸丸 洗い朱 シャノアールモデル

[ 2012/07/13 ] 曲物 | TB(0) | CM(0)

試作の試作。

近所のタツとハラヤスに
「食い終わったらさぁ。なんつーかこうスッとなってシュッとしてコンパクトにできる弁当箱ねーの?」
と聞かれまして。

わかりました。じゃあ考えてみます。
ということで早速試作。
とりあえず作ってみたのが塗りあがってきました。


picture

構造がわかりづらい。
ちょっとパーツずらしてみると、こんな感じです。


picture

で、一段目を反対にして下段に入れるとコンパクトに。


picture

上段は合わせ小判弁当(小)の蓋の大きさで、下段は合わせ小判弁当(中)の身の大きさ。
あぁこりゃでかい。
次は上段をミニの蓋、下段を小の身で作ってみよう。
あと出っ張っているところが思ったよりかっこ悪いのでツライチに。
作るの大変だった割に、なんかこう。。。しっくりこない。
構造的に下段を高くしないと上段が入らないんだけど、その高さのバランスも気に入らない。
まだまだだなぁ。


試作品
試作品のパーツ
試作品 入れ子状態

[ 2012/06/19 ] 曲物 | TB(0) | CM(1)

変な物 in 花野屋

何かと忙しい日々です。
年度の始まりはやはり雑務でゴタゴタしますね。
久しぶりのブログ更新です。

一息ついたところで店の中を見回すと、結構変わった物がちょこちょこ置いてあったので今回はそのご紹介。
これ、獅子頭です。
天然木無垢材削り出し。


picture

実はこれ元々2個ありまして。
最初お客さんから獅子頭の注文を受けたので、新潟の職人さんに作ってもらったんですが。。。
あまりにできが良かったので、じゃあもう一つ作ってもらおうかということに。
一つは本塗りにして納品、もう一つはスリ漆にしてこんな風に店内に飾ってあります。

こっちが納品した本塗りの獅子頭。金色の部分はもちろん金箔です。
口もちゃんと開きます。
金額は。。。ひかれるのでちょっと言えない。。(-_-;


picture

これは宿場店においてある小さな鼓。
実は曲物です。ある職人さんからのオーダーで、この花柄の和紙が貼ってある芯の部分を製作しました。
大変だった。。
もちろんちゃんと音が鳴ります。それも結構いい音で。
これは非売品。


picture

最近仕入れたスプーン。
お化けモデルですが、ちゃんと家族構成になってます。
よく考えるなぁ。かわいい


picture

で、こんなのもあります。


picture

右がアニマルスプーン&フォーク。
左はにこにこスプーン&フォーク。
個人的にはカバのスプーンがお気に入りです。

曲物って結構機能美を追求してきた歴史があるので遊べる要素が少ないんですが、その影響かこういう物って見ててホッとします。
んー、なんか考えてみよう。

獅子頭 渋いスリ漆仕上げ
獅子頭 こっちは本塗り
曲物の鼓
お化けスプーン
アニマル&スマイルウッドカトラリー

[ 2012/04/23 ] 曲物 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。