スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奈良井宿の紹介 その4

奈良井宿には奈良井宿観光協会という組織があり、花野屋も所属しています。
奈良井宿でお店を経営する場合は、原則として協会に所属することになっています。

協会の組織は、会長、副会長、事務局、会計、広報局からなる執行部と、約20名の理事からなる理事会、その他約30名の一般会員で構成され、会則の他に「奈良井宿観光協会式目」という取り決めを持ちます。

主な事業は年一回の総会、年三回の鳥居峠の整備事業、グッズの物販、印刷物の発行などで、執行部はその他約40種類のイベントや会合、勉強会、研修会へ参加しており、平行して各種広報活動を行います。

で、今日、その年一回の総会が開かれました。
総会ではその年度の事業活動報告、会計報告や来期の事業、予算案などについて話し合いと承認が行われます。
午前中に鳥居峠の整備、昼食後、午後から総会の開催という、結構忙しいスケジュールです。

午前中の整備活動事業の模様です。
猿はもちろんイノシシやシカも住んでいる山です。
雪による倒木が多く、霧雨のため足場もよくありませんでした。

picture

このような倒木の排除と歩道や橋の清掃整備が行われました。
それにしてもひどい状況。。。

picture

峠の休憩所の中とトイレの清掃をして整備活動事業は終わりです。
冷たい雨の中、皆さんお疲れ様でした。

picture

会員は皆、奈良井宿に誇りを持っています。
約1kmにもわたって宿場町が保存されている場所なんて日本有数です。
でも奈良井宿って知られてないんですよねー。(=゚ω゚)

駐車場もトイレの設置場所も少ない、まだまだ観光地としては未整備なんですが、知る人ぞのみ知る、みたいなところがあって、旅慣れた人にはうけてます。
来年の春には大きな駐車場もできますし、リピーター率も高いので、他の似たような宿場町や観光地をお手本にしつつ、伝統と町並みを大切にし、今日も観光協会会員は奈良井宿を守っていきます。

倒木が多い。。。
電柱が倒れ、とんでもないことに。
峠の茶屋。お疲れ様。

ランキングに参加しています。↓クリックお願いします。m(_ _)m

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[ 2010/04/23 ] 奈良井 | TB(0) | CM(2)

奈良井の行事 ~春祭り~

奈良井では毎年5月のゴールウィークに春祭りが開催されます。

今年は5月4日の日程で、奈良井下町の明友会も参加していろいろやるんですが、まぁぶっちゃけご祝儀集めです。( ̄ー ̄;)
で、下町だけでなく、中町、上町もそれぞれ異なる内容でご祝儀を集めて回ります。

下町の集金メソッドですが。。。
装飾したミニバンにラジカセを載せて木遣りのテープを大音量で流しながら、その後をフロント部分にオカメの装飾を施して約8mの丸太を取り付けたながもちを仮装した男達が担ぎ、「は~ぎっしょんぎっしょんぎっしょん鳴っと~」とかけ声を掛けながらぎっしょんぎっしょんやって町中を練り歩いて、各家からご祝儀をもらう。
というものです。
こんな感じに↓

picture

なんでこんなおかしな事をやるかというと、そこにはちゃんと伝統行事の伝統行事たる所以があります。

むかしむかし、鳥居峠には追いはぎや山賊が多く、峠越えの際に高価な物を輸送する事が困難だったそうな。
そこで変な格好をして旅芸人やチンドン屋を装い、ながもちに大切な物を入れて大騒ぎしながら運んだところ、山賊は「こんな奴らが持っている物などたいした物ではないだろう」と思って襲われることは無かったそうな。。。


なるほど。
ちなみにこのながもちの中身は空です。

さて、宿場内をこんな感じで練り歩いてご祝儀を集め、ご祝儀をいただいた方の名前を紙に書いて丸太に貼っていきます。

picture

奈良井が蔵元の地酒「杉の森」を、ご祝儀をいただいた観光客に振る舞います。
連休で人出も多く、ちょっとはずかしい。

picture

結構なテンションで変な格好をしたおっさんの集団が、変な物をもって練り歩いてくるので、それを見て泣き出す子供も多く、僕はどうかと思うんですが、でも伝統行事だからしょうがないですねぇ。┐('~`)┌

途中上町若連会の花笠踊りとすれ違います。
マスクをかぶっているのは明友会の人で、混じって踊ってます。
上町は仮装しませんのであしからず。(^_^;)

picture

夜には中町敬神会主催の宵祭りが行われ、地域の子供達が小さな御神輿を担いでお宮にあがります。

picture

明友会のながもち。重い。。。
ご祝儀、結構集まります。
タモリ?のつもりメイク。
上町若連会の花笠踊り。
子供御輿。かわいい。

ランキングに参加しています。↓クリックお願いします。m(_ _)m

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2010/04/22 ] 明友会 | TB(0) | CM(0)

ロングテールは儲かるのか?

前回のロングテールの続きです。

花野屋はロングテール市場のどこに位置するのか。
商材はもちろんおもいっきりニッチです。木のお弁当箱、曲物。
漆器、お弁当箱、伝統工芸品、どのカテゴリーで切ってみても、間違いなくテールの、それも右端に近いところに位置すると思います。
だから普通の人は曲物のお弁当箱なんか知ることは無かったんです。
よしんば存在は知っていて欲しいと思っても、何て名称なのか、どこで売っているのか、いくらなのか。。。

でも、今や調べるのはとても簡単。
2003年に花野屋のホームページを立ち上げてから、メディアの取材も、メールや電話による問い合わせも増えました。
皆さんは調べる手段を、花野屋は到達してもらえる手段を持ったからです。
知ってもらえるってありがたいことです。

さて、ニッチな商品が沢山売れるようになって、ヒット商品になり得るのか。

パレートの法則だと、ヒット商品は全体の2割程度、後の8割が死に筋の商品ということなので、ニッチ商品を集めるとヒット商品に迫る販売数、売上げが見込める魅力的な市場になる、というのはよく解ります。
だから、ロングテール市場の熟成は、テールの中の一要素であるニッチな商材、今まで売れなかった物がヒットする事ではありません。花野屋の例と同じように、知ってもらえる機会が増えただけです。

しかもヘッドと同じように、テールも時間経過によって物の入れ替わりは激しいはずです。
そんなに売れていない。そんなに知られてもいないのだから、普通に考えて商品はどんどん消えていきます。

テールの中の住人はきっとこう考えるでしょう。
状況は厳しい。ヒットは難しそうだ。でも売りたい。

じゃあ逆にテールに長期間存在し続けることができる物ってどんなものだろう。
これがロングテールにおける花野屋の一つの答えのような気がします。


ランキングに参加しています。↓クリックお願いします。m(_ _)m

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2010/04/16 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

ロングテール理論

文化と経済が需要曲線のヘッドにある比較的少数のヒット(主流派の製品や市場)に焦点を合わせるのをやめ、テールにある無数のニッチへ移行する。
<ロングテール理論 クリス・アンダーソン>

picture
この需要曲線図におけるヘッド部分はいわゆるヒット商品、右の長いテール部分は陳列棚の肥やし、俗に言う死に筋の商品を表しています。
この死に筋商品、今まで売り手側からはほとんど無視されてきました。限りある店頭スペースと在庫リスクといった物理的理由からです。
当然売れない物を店頭から排除して売れ筋商品を置くのは必然の流れです。

しかしITによって物理的なスペースの制約が無くなり、在庫リスクがゼロに近づく、もしくは分散したとき、この長いしっぽ、ロングテールはヘッド部分の売上げに迫る驚異的な価値を生み出します。

picture

「ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略」(アップデート版) ハヤカワ新書juice
あのロングテールにアップデート版が出ていたので、今更ながら読んでます。

まぁ世の中全部この理論で説明は出来ないんですけど、ビット経済を考えるとき、この理論は役に立ちそうです。

ここ数年でデパートの売り上げも、アルバムの売り上げ枚数も、視聴率なんかも随分落ちてます。
なんだかニーズの拡散は漠然と感じていましたが、この本は数十ページ足らずで見事にその理由を説明してくれました。

ITのおかげで、実にかゆいところに手が届くようになりました。
昔は知ることが出来なかったであろう知識に到達でき、手に入れる手段やその存在すら知らなかった物を手に入れることが出来るようになりました。それも数分の内に。

でもこれが正しい、本来の姿なのかも知れません。
テレビやラジオ、雑誌の情報が神託だった時代は終わったんだなぁとつくづく思います。
もはや限られた媒体スペースに縛られて選別された情報は意味を成しません。
本当に欲しい物を、それも沢山の選択肢から選べて、値段やサービスの比較もできます。

ちょっと前までは買い物に出かけても店頭においてある物の中から妥協して買わざるを得ませんでした。
ましてやマニアが求めるような専門的な物の大半は店頭に並んでませんから、容易にニッチ商品に到達できる手段を得ることができたことは本当に革新的な事だと思います。

でもロングテール経済の熟成によってニッチはリッチになり得るのか。。。
どうやら少し違うようです。

需要曲線

「ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略」(アップデート版)



ランキングに参加しています。↓クリックお願いします。m(_ _)m

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2010/04/11 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

仕上がり

3月3日の製作状況でご紹介した入れ子のカップが塗りあがりました。
やっぱり布張りだと質感変わりますね。赤と黒の2バージョンです。
なんか田舎っぽくておもしろい。( '-' )


picture

曲物は、使いやすさを抜きにして強度だけを考えると丸形の物が最強です。
楕円や半月形の物は、アールのきついところに負荷が集中するので、そこに割れが生じたりしますが、円形の物は力がかかる場合も繊維の伸びも均一なため、割れやゆがみに強いんです。

そこに布張りですから、この器、きっと十年以上保ちますね。

布張りの入れ子カップ

ランキングに参加しています。↓クリックお願いします。m(_ _)m

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2010/04/07 ] 曲物 | TB(0) | CM(0)

仕事の進め方

よくお客様から、一日にどれ位のペースで作るの?
みたいな質問をされて返答に困ることがあります。

というのも、数種類の物をそれぞれ数十個ずつまとめて作るため、1日という単位で区切られると、なんと説明してよいか。。。

で、作るペースは、物にもよりますが、50~100個程度を1週間~10日程度で仕上げていきます。
1種類だけじっくり作れることは希で、通常は5~6種類の物をパラレルで製作していきます。

マルチタスクとはよく言いますが、次から次へと新しい仕事を割り込みで入れられるともう。(・ε・)
あーあれもう少なくなってきちゃったから急いで作って-。とか。( ̄△ ̄)
効率的に回すようにはしていますが、うーんなんとも。

ちなみに今現在の製作状況。(&仕事場の様子)

・丸メンパ(中)
蓋板と底板を入れたので、あとは仕上げをするだけです。


picture

・半月弁当
まだ曲げて桜の皮で縫っただけ。仕様を少し変えて側板の幅を41mmから46mmに深くしてます。
使いやすそう。


picture

・合わせ小判弁当(小)
これもまだ曲げて桜の皮で縫っただけ。
工場の見学があったので、デモンストレーションで曲げました。


picture


・丸メンパ(小)
これもまだ曲げて桜の皮で縫っただけ。


picture

・花器 特注
試作段階。数十個曲げる予定です。


picture

・コーヒーカップ
材料が余ったので他の物を曲げるついでに曲げました。あと柄付けと仕上げ。


picture

・ラグビーボール型の入れ物 特注
3月26日のブログにも掲載したものです。追加でご注文いただいたため、割り込みで製作。
曲げてこれから桜の皮で縫います。


picture

それぞれの製作にプライオリティーをつけて進め、時間の合間にできることをしていく感じでしょうか。
一日の終わりに次の日の段取りを準備して、翌日変更がなければ段取りに従って製作を進めます。

丸メンパ(中)120個作り、半分仕上げてあとはこの状態。
半月弁当 売り切れたので作ってます。
合わせ小判弁当(小)少なくなったのでとりあえず。
丸メンパ(小)これも少なくなってきたのでとりあえず。

花器 完成したらまた掲載します。
おなじみのコーヒーカップ
ラグビーボール型の入れ物。まだまだです。

ランキングに参加しています。↓クリックお願いします。m(_ _)m

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2010/04/05 ] 曲物 | TB(0) | CM(6)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。