スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花野屋オリジナル新製品 -花野椀-

昔から花野屋オリジナルのお椀を作りたいなぁ。と思ってまして。
飯椀は別に陶器でもいいんですが、味噌汁椀くらいは漆器を使ってもらいたいと。
日本人なら。

で、ずっと前から形や素材の検討を重ねてきました。
使いやすい、洗いやすい、持ちやすい、質感のいいやつ。ってことで。
そんなこんなで基本的な部分が決まり、半年ほど前から山中の職人さんにサンプルの製作をお願いをしていたんですが、それがやっと出来上がってきました。


picture

名称「花野椀」。
花野って秋の季語でうちの店名にもなってるんですが、それを冠した自信作。

素材は堅くて木目が個性的なことから、絶対に栃を使うということでこだわってきました。
で、それを拭き漆仕上げ。艶がとんでもなくいいです。
ピカピカに光りすぎて写真が撮りづらい。(-_-;
茜や黒などの着色も考えましたが、これはもう木地の完成度が高いので、変な色をつけずに木目を見せる拭き漆のみでの仕上げ。本塗りも無し。
この一種類のみの仕様です。

高台の形状や高さ、口当たりの厚み、スタッキングの状態に至るまでじっくり考えました。
形は仙才を少し高くしたような感じですが、オリジナルの新しい形です。

picture

早速使ってますが、指も入りやすいし使いやすい。安定感もあるし。
毎日ニヤニヤしながらお味噌汁飲んでます。

一客2,500円、五客セットで10,000円、位かな。
あとはパッケージ考えないとなぁ。


花野椀
花野椀 スタッキング状態

スポンサーサイト
[ 2012/03/30 ] 曲物 | TB(0) | CM(2)

GALAXY nexusから東北を想う

実はこっそりGALAXY nexusを購入しまして。
先週から使ってますが、いいですね。軽快で。Androidもこの一年で随分ヌルサクになりました。
GALAXY TABの2.3からXOOMの3.2には結構びっくりしましたが、おかげで4.0(ice cream sandwich)はそれほど違和感なく使えてます。

必要最小限でスパルタンなところがいいですね。
SDカードスロットもDLNAもワンセグもへんなプリインアプリも一切無し。
さすがGoogleのリファレンス機。

4.0ではいろいろ機能が追加されていて、小さいことだとノティフィケーションバーの画面がフリックで消せたり、ショートカットとかウィジェットの追加方法がちょっと変わっていたり。
ショートカットがグループ化できる機能は、やっと追加されたか。。という感じ。
僕はいままでこれ、Smart Shortcutというアプリでやってましたが、4.0では最初から使えます。
えーとあとはハードウェアキーなんかはHoneycombから無くなってるので、ソフトキーが縦でも横でも向きを変えて表示されます。

あと便利になったのはスクリーンショット。powerボタン+volumeボタン(-)長押しで簡単に撮影できます。
感心したのはロック画面でも撮影できたこと。


picture

ブラウザはchromeが搭載されてまして、アカウント入れたらブックマークが自動的に同期されました。
あとFacebookアプリがちゃんとタイムライン表示になってた。
3.2環境のFBアプリではそのままだったのに。なんでだろ不思議。

NFCは。。。いろいろと今後ですかね。
お財布機能的なものを使ったことが無いのでなんとも。
顔認証もどうでもいいや。

カメラなんですが、撮影したら画像がインスタントアップロードという機能によって自動的にgoogle+の「携帯電話の写真」にアップされます。
これも4.0の機能なんだろうな。XOOMではこんな風にならなかったし。(XOOMでもgoogle+の設定で出来ました。)
デフォルトで非公開なのでそれは安心なんですが、一度アップされると写真の消去はPCかgoogle+アプリからしかできません。
もちろんアプリの設定をいじればアップロードしないように変えられます。

余談ですが、少し前からXOOMを娘にとられてまして。主にYouTube、たまにゲーム(なめこ栽培)。
アルファベットの歌に興味を示したので、チャンネルを作ってやったらずっと見てます。


picture

今の英語の歌ってLMNOPを続けて歌うんですね。
子供にゃ難しいだろうなぁ。
そういえばAppleは今後ipadを教育用デバイスとして活用していきたいようですね。
エロアプリ禁止なのはそういった理由からですが、まぁしかし医療に軍事にとネタに事欠かないなぁ。

こういうデバイスによって今後学習の形態は、より効率的に、インタラクティブに変わっていくと思いますが、大切なのは興味を持たせて自主的に学べるようにすること。

夢中で端末をタップする娘を見ながら、テクノロジーはいつでも人のため、なにより未来ある子供たちのためにあればいいと切に願うわけで。
被災地の子供達の事が頭をよぎりました。

ついこの間の事のように思えるのに。明日で震災が起きて一年。
あのときもSNSやSkypeが生存確認や居場所を伝えるツールとして活用されました。
あれほどの有事にコミュニケーションの補完がネットによって、それも相当数なされたのはすごいことだ。

TwitterやFacebook、mixiのおかげで、プレゼンスのあり方が随分変化してきたと思う。
ネチズンという言葉は嫌いだけど、ネット上にもう一人分身を置いておくことが当たり前になるんだろうなぁ。
そうなると、将来子供達はどんな手法でコミュニケーションをとっていくんだろう。

考えると、ちょっと怖いなぁ。
いやいや、きっと良くなる。
明るい未来になりますように。特に東北から。

スクリーンショット

XOOMでアルファベットを勉強する娘

[ 2012/03/10 ] 趣味 | TB(1) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。