スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋のクラフトピクニック

松本あがたの森公園で19日、20日と開催されたクラフトピクニック(CP)に出展してきました。
クラフト系イベントとしては全国でも3指に入るビッグイベント、クラフトフェア松本(CFM)の秋バージョンともいうべきイベントですが、春に行われているCFMは展示販売がメインなのに対し、秋のCPはワークショップや実演など、来場者との対話やプレゼンを重視したイベントとなっています。
来場者も春に比べれば少ないので、全体的に落ち着いた感じですかね。

花野屋は、祖父や先代の頃には全国のデパートや催事場などで結構な数の実演をこなしていましたが、僕の代になってからはそういうのをやってません。というか意図的にやらないようにしてました。
何故か。
それはね。

めんどくさいから。。。

だって道具や展示商品の搬入出がかったるいじゃなーい。

花野屋にご来店いただいた方で、工場を見たいという方には、たとえ同業者であってもフルオープンにしているので、見せたくない、ということではないんです。
ただ、道具の移動なんかが結構大変なのですよ。特殊な物が多いし。
それに曲げ終わった後の側板はかさばるし、未完成の物をあまりガチャガチャ移動させたくない、ということもあります。傷つくんでね。
かみさんと長時間一緒にいるのも苦痛だし 展開と展開の間は手持ち無沙汰だし。

しかしCPは招待枠ということもあり、曲物の認知度向上につながれば、と思って僭越ながら出展させていただきました。
とはいえ来場者に製作してもらうワークショップ的な展開は無理なので、曲物の製造工程の説明の中で曲げ作業部分を見ていただく、というライトな展開でしたが、木が曲がる瞬間、それを見ている人たちのどよめく反応が面白かったっす。
ホントはこの曲げ作業の後に、ノリと桜皮による合わせ目の綴じ→底ハメ→カンナとハンドペーパーによる仕上げ、くらい見せられればボリューミーだったかなぁ。なんだかやった感が少ない。
まぁでも曲げてから乾燥に14時間程度かかるので(自然乾燥ならその倍)、物理的にその場で曲げた物の仕上げは無理なんですが、乾燥させた側板をあらかじめ用意すれば、まぁいけなくはないか。

あぁでもめんどくさいからやりませんすみませんすみません。
スポンサーサイト
[ 2013/10/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hananoyablog.blog.fc2.com/tb.php/144-063a5189













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。