スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年最初のブログですが何か。

今年初めてのブログ。
もう3月も中盤ですが。。。

こんなことは初めてだ。1月頭からフルスロットルで忙しい。
ありがたいことですねそうですね。
ブログ書くのも結構体力使うので、まぁめんどくさかっただけですが。
ちゃんと生存してます念のため。

えー何書こうかな。
最近読んだ本でベストだった一冊。「下町ロケット」
半沢ばかりが注目されてますが、僕の中では池井戸さんといえばこれ。文庫本化されるまで少し長かった。

昨年読んだ中で一番印象に残った本は、藻谷浩介氏とNHK広島取材班著の「里山資本主義」。
地方の、特に森林資源豊富な土地(で、過疎地)に住む方にはお薦めの一冊。
国内外の森林資源の活用事例が載っていてとても勉強になりました。
海外でCLT使って5階建てのビル建てたってニュースは見たことがあったけど、日本も森林資源に対してもっと意識改革が必要だと強く感じる。

これ関連で、阿部知事肝いりで始まった信州Fパワープロジェクトに少し注目してるんですが。
総事業費約70億円。そのうちの34億円(概算事業費)を使って、塩尻市に木材の集中型加工施設と1万kW(1MW)の森林資源活用型(木質)バイオマス発電施設、熱源供給施設が建設される。
1万kWって、一般家庭約2万世帯分の発電量に相当するそうな。
塩尻市は現在のところ大体2万6千世帯弱位なので、まぁほぼカバーできる計算になる。

でも20万㎣もの産廃+間伐材を長期間にわたって安定調達できるんだろうか。
コスト的に、ただ木を間伐して山から下ろしてきてそれ燃やせばいいってものではないので、どうしても製材関連企業の協力が必要となる。
だから、市の保有する森林資源を活用できる、利害の一致した企業の誘致も平行して進めなければ、現在のフロア材加工会社2社だけの体制では持続可能性に疑問符が付く。

まぁだからといって今僕に何か出来るということもないので、生暖かく見守っちゃおうかな。

最近はいろいろとゆるーく考えることが多い。良いことだ。
スポンサーサイト
[ 2014/03/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hananoyablog.blog.fc2.com/tb.php/145-4ec23145













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。